スパイスとして有名な

「シナモン」

​シナモン

学名:Cinnamomum verum

科名:クスノキ科

和名:セイロンニッケイ

使用部位:樹皮

原産地:中国、インド、スリランカ

シナモンにまつわる話

 多くの人がシナモンと聞くと、シナモンロールなどの甘い香りを思い出すのではないだろうか。シナモン歴史は大変古く古代エジプトではミイラの防腐剤に使用され、旧約聖書に登場するモーセが聖別のために使用する聖油にシナモンを加えたことを示す記述がある。日本にも8世紀にはすでに生薬として伝来している。そんな歴史をもつシナモンだが現在は「シナモン」「カシア」「ニッキ」の三種類が知られているが、厳密にシナモンと呼ばれる植物はスリランカ産のものだけである。それぞれ風味に微妙な違いがあるものの、日本では香りが高い「カシア」の人気が高い。1世紀のローマではシナモンの価格は当時の銀の15倍とされ、中世のヨーロッパでも供給量が少なかったことから、シナモンを手に入れることができたのは裕福な人々に限られた。16~17世紀にかけてヨーロッパがアジアに進出したのはシナモンを含む香辛料貿易の独占も目的の一つだったといえよう。現在ではシナモンの流通や栽培も増加し、誰でも簡単に手に入るようになった。

 シナモンが薬用ハーブとして用いられたのは紀元前2700年前の中国で、「発熱、下痢、生理不順」などの治療に用いたと記述が残されている。インドではアーユルヴェータの医師たちが「消化不良、生理不順」を中心に処方し、中世ヨーロッパの医師は「咳や喉の痛み、消化不良」にシナモンを勧めたとされる。現代のハーブ療法ではシナモンは「消化器系の不調、風邪の諸症状、肺の感染症」などに使用され、末梢血管の循環を改善するため体を温める効果もあるとされる。

 その他に、糖尿病にもシナモンは効くとされている。近年、シナモンには血液中のインスリンに似た作用があるとされている。また、シナモンの樹皮にはポリフェノール化合物のメチルヒドロキシカルコンという成分が含まれており、この有効成分が糖尿病患者の血糖値を下げると考えられている。他にもインスリンの受容体に働きかけてグリコーゲン(貯蔵多糖)の生成を促進する。そして、ポリフェノールの抗酸化作用は糖尿病の合併症への効果も期待される。シナモンは漢方として使用される場合は「桂皮」と呼ばれる。

 

効能

抗菌、発汗、健胃、精神高揚など

 

シナモンの使い方

【ハーブティーとして】

シナモン単体でお茶にするよりも、紅茶、コーヒー、ココア、他のハーブなどとブレンドすると独特の香りや味がうつってさらに美味しくいただけます。

効能としては辛味成分が身体を温めてくれるので、冷えからくる諸症状や下痢、生理痛の緩和をしてくれます。

 

作り方

1、鍋でお湯(400ml)を沸かし、細かくしたシナモンスィック(1本)を入れる。

2、薄く色づくまで沸騰させ、その煮出した液を紅茶(ティーバック2袋)に注ぎいれる。

3、お好みで砂糖や牛乳を加える。

★、その他にシナモンスティックをスプーンの代わりに添えて楽しむこともできます。

 

【気になる方は画像をクリック】

レソンシエルジャポンでは香りのよいシナモンをご用意しております。(10g・30g・50gからお選びいただけます)

シナモン_edited.jpg

【料理として】

シナモンはお菓子や紅茶、カレーなどの香りづけとして利用されています。アップルパイや生地に練りこんで使用するシナモンロールなどが有名です。甘味と香り、かすかな辛みがシナモン独特の味わいを作ります。

 

【クラフトとして】

欧米ではクリスマスのシーズンになると、家中にシナモンを使ったデコレーションをする文化があります。リースやポプリなどを作って冬の季節を楽しむこともできます。

Famous spice

「Cinnamon」

​Cinnamon

Scientific name:Cinnamomum verum

Family name: Lauraceae

Japanese name: Ceylon Nikkei

Used part: Bark

Native to: China, India, Sri Lanka 

Anecdote regarding Cinnamon

 When many people hear cinnamon, they may remember the sweet scent of cinnamon rolls. The history of cinnamon is very old and is used as a preservative for mummies in ancient Egypt. There is also a statement that cinnamon is added to the holy oil used for consecration by Moses in the Old Testament. It has also been introduced to Japan as a crude drug in the 8th century.Although cinnamon has such a history, at present three types of cinnamon are known: "cinnamon", "cassia" and "nicki", but strictly speaking, the only plant called cinnamon is from Sri Lanka. Although there are subtle differences in flavor, Cassia, which has a high scent, is very popular in Japan. In Rome in the 1st century, the price of cinnamon was 15 times higher than that of silver at that time, and the supply was small in Europe in the Middle Ages, so only the wealthy people could obtain cinnamon. It can be said that one of the aims of Europe's expansion into Asia during the 16th and 17th centuries was to monopolize trades of spices including cinnamon. Nowadays, the distribution and cultivation of cinnamon has increased, and anyone can easily get it.

 Cinnamon was used as a medicinal herb in China 2700 BC, and it is said that it was used for the treatment of "fever, diarrhea, menstrual irregularities". In India, Ayurvedic doctors prescribe cinnamon for mainly "indigestion, menstrual irregularities". While medieval European doctors recommended cinnamon for "cough, sore throat, indigestion". In modern herbal medicine, cinnamon is used for "digestive system disorders, cold symptoms, pulmonary infections", etc., and it is said that it also has the effect of warming the body to improve the circulation of peripheral blood vessels.

 In addition, cinnamon is said to be effective for diabetes. In recent years, cinnamon is said to have an action similar to that of insulin contained in blood. In addition, the bark of cinnamon contains a polyphenol component called methylhydroxychalcone. It is considered that this active ingredient lowers the blood glucose level of diabetic patients.It also acts on the insulin receptor to promote the production of glycogen (a storage polysaccharide). The antioxidative effect of polyphenols is expected to have an effect on complications of diabetes.

 

Effect

Antibacterial, sweating, healthy stomach, spiritual enhancement, etc.

 

How to use cinnamon

【As a herbal tea】

Rather than making tea with cinnamon alone, blending it with tea, coffee, cocoa, and other herbs makes it's unique aroma and taste even more delicious.

As an effect, the pungent ingredient warms the body, so it can relieve symptoms caused by cold, diarrhea, and menstrual pain.

 

How to make

1、Boil hot water (400 ml) in a pan and add finely chopped cinnamon stick (1).

2、Boil until it becomes lightly colored and pour the boiled liquid into black tea (2 bags of tea bags).

3、Add sugar or milk if you like.

★、You can also enjoy it by adding a cinnamon stick instead of a spoon.

 

【Click the image if you are interested】

At L'ssential du JAPON we have Cinnamon that has a great scent. (Please select from 10g・30g・50g options)

シナモン_edited.jpg

【As a Cuisine】

Cinnamon is used as a flavoring agent for sweets, tea, and curry. Apple pies and Cinnamon rolls famous examples of food involving cinnamon. The sweetness, aroma and subtle spiciness create a unique cinnamon flavor.

 

【As a Craft】

In Europe and the United States, during the Christmas season, there are culture to decorate inside the house usign decorations made by cinnamon. Wreaths and potpourris are fun to make in the winter season.

© 2019 by Seiokan Ltd.